VAPEの煙の量の選び方

電子タバコ(VAPE)利用者は、大きく2つのタイプに分けられます。

なるべく沢山の蒸気をもうもうと立たせるのを良しとするタイプで、喫煙経験のないままいきなり電子タバコ(VAPE)を使い始めた人も珍しくないです。

もう1つは、紙巻きたばこやアイコス等の加熱式タバコからの移行組です。

電子タバコ(VAPE)の吸い方も異なり、ダイレクトラングと呼ばれる深呼吸をするように蒸気を肺まで送り込んで吐き出すのが主流です。
一方もう一つは元喫煙者組は紙巻たばこと同じで、一旦口の中に蒸気を溜め込んでその後に多過ぎると少し吐き適量を改めて肺まで吸い込む口吸いが基本です。

あまりタバコで目立ちたくないタイプの人は、適度な煙量を選ぶ傾向にあります。

通常の紙巻きたばこと同じサイズのMalle S Liteは、吸い方にもよるが蒸気は控えめです。

喫煙所で目立ちたくない人や、上司の前でモクモクとさせると偉そうに見えてしまい気が引ける人にはこの程度の量で十分です。

純粋にモクモクを大量に出して良い環境であると、蒸気量の多いいわゆる爆煙タイプも選択肢になります。

要は目立ちたいのか、目立ちたくないのかという事にあります。

Breezeは濃厚で量の多い蒸気が発生して、吸い口も大きく開口していて思い切り吸い込みやすいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です