VAPEを過熱方式から選ぶ

E-Cigarette/Electronic Cigarette/E-Cigs/E-Liquid/Vaping

タバコ葉を加熱するタイプの電子タバコは、主に3つのタイプがあります。

内側から加熱するものと外側から加熱するものと、タバコの葉入りのカプセルタイプを加熱するものがあります。

内側から加熱するものは、タバコ感が強めです。タバコ葉の中心に加熱器具を挿し込んで、内側から加熱するタイプです。

本来のタバコに最も近く、吸い込んだ時や吐き出す時の煙量もタバコそのものとは変わらないため満足感が高めです。日本ではフィリップモリスのiQOS(アイコス)が、これに当たります。

メリットはきちんと吸った感が得られる事で、デメリットは吸い終わった時にこまめな掃除が必要な事です。手入れを怠ると、タバコ葉が詰まりやすくなるため気を付けます。

外側から加熱するタイプは、軽い口当たりです。煙の量が控えめで、バッテリーを内臓した本体にタバコ葉カートリッジを差し込む事で加熱する仕組みです。

メリットはバッテリーを気にしないでタバコを吸えて、デメリットはニコチンが強めのタバコを愛用していた人には少し物足りないです。カプセル加熱タイプは、タバコ感はないです。3種類の中でお手入れが必要なく、スティック状のスリムな本体にタバコ葉の詰まったカプセルを装着するだけで吸えます。

煙も臭いも少ない事が大きな特徴で、タバコを吸わない人に不快感を与える事がないです。メリットはタバコ独特の煙たさや臭さが全くないが、3種類の中でも最もタバコ感がないの惜しいポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です