電子タバコ(VAPE)の主要メーカー

Vape

電子タバコ(VAPE)の需要増加に伴い、メーカーの数も数年で一気に増えてきています。

大規模な製造ラインを持つ大企業から、職人が手作業で作っている工芸品のような高額商品まで想像もつかない数のメーカーが存在しているのが現状です。

購入を検討していた人は気が付いた人が多いが、実はリキッドを過熱して蒸気を吸引するリキッド式電子タバコの場合は日本国内のメーカーが作る製品は存在しないです。

元々リキッド式電子タバコの技術は中国企業で開発されていて、中国国内で脈々と製造ノウハウを育ててきた事情があるからです。

特許は中国企業が保有していて、特許と価格と技術面でも中国のメーカーが世界的に電子タバコ産業を牽引しています。

日本人からすると、どうしても以前の中国製品の安価で大量に量産されて品質は今一というイメージが思い浮かんでしまいます。中にはこのような企業は、存在するのは確かです。

しかし昨今の電子タバコ企業は中国国内だけでもライバル間の競争が激しく、品質と信頼性を非常に重要視しています。メーカーのホームページを見ても、安全性と信頼性と健康と環境への配慮とグローバルという言葉を何度も目にする程です。メーカーそれぞれが、どのような基準の安全や品質検査を実施しているかという事も詳しく紹介されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です