VAPE(ベイプ)やリキッドとは?

Vape everyday

VAPEとは?

電子タバコ(VAPE)とは、様々な味や香りのリキッドを電力で加熱をして気化させた蒸気を吸って楽しむ嗜好品です。特徴はニコチンやタールフリーで楽しめて、様々な味や香りのリキッドで楽しめます。

海外ではニコチンが入った電子タバコ(VAPE)も販売されているが、日本では薬機法によってニコチンが入った電子タバコ(VAPE)リキッドの販売や譲渡は禁止されています。そのため日本国内で販売されている電子タバコ(VAPE)リキッドを使用する限り、ニコチンは含まれていないです。

またタバコの葉を使用していないため、タバコの葉を燃焼させる事で生じるタールも発生しないです。従って日本国内で販売されているリキッドを使用する限り、ニコチンとタールフリーで楽しめる特徴があります。

味や香りは種類が多岐に渡り、複数のリキッドを混ぜ合わせてオリジナルのリキッドを作る事が可能です。豊富な種類の中から自分の好みの味や香りのリキッドを選んで楽しめるのは、電子タバコ(VAPE)ならではの特徴です。

日本で販売されている電子タバコ(VAPE)は、様々な味や香りのリキッドが楽しめてニコチンとタールフリーから新しい嗜好品として人気を集めています。

VAPEの選び方

電子タバコ(VAPE)の選び方は、スターターキットを選びます。

各パーツを別々に購入して自分好みのを作るには、一定量の知識が必要になるため初心者はスターターキットを購入するのがおすすめです。

スターターキットを購入すると、本体一式と充電用ケーブルと交換用コイル等をセットで揃える事が出来ます。後はリキッドを買い足すだけで、直ぐに電子タバコ(VAPE)を始める事が出来ます。

様々な形の商品があり、その種類は大きく分けるとペン型とボックス型とスティック型の3つに分けられます。

ペン型の特徴は、シンプルな機能と操作性でリーズナブルな価格帯です。ボックス型は出力や温度をコントロール出来る等多機能で、パーツの交換出来る等拡張性が高いです。スティック型はペン型よりもコンパクトで、携帯性が高いです。また小型軽量デザインで、使いやすいです。

それぞれ異なる特徴があるため、自分の使い方に合ったものを選びます。リキッドは好きな味を選ぶ事で、リキッドのブランドは揃えないといけないと初心者は思うがどの商品でも基本的に同じ成分で作られていてリキッド同士に互換性があります。ブランド等を気にしないで、自分の好みの味で選ぶ事が出来ます。

VAPEの仕組み

電子タバコ(VAPE)の本体のパーツは、ドリップマッチは吸い口にあるパーツです。アトマイザーはリキッドを入れて、蒸気化するユニットです。

コイルはバッテリーの電気を熱に変換して、リキッドを加熱するユニットです。バッテリーはアトマイザーを動作させる、バッテリーユニットです。

電子タバコ(VAPE)本体パーツの中でも、コイルは煙量や味に大きく関係するため特に重要なパーツです。

コイルにより電流の流れにくさは異なり、その電流の流れにくさを抵抗値で表します。コイルの抵抗値は数値が大きい程電流が流れにくく、数値が小さい程電流が流れやすいです。

一般的にコイルの抵抗値と煙量と味は、抵抗値の数値が大きいコイルを使用すると煙の量が少なくリキッドの味を濃く感じます。抵抗値の数値が小さいコイルを使用すると煙の量が多く、リキッドの味を薄く感じます。

リキッドの主な種類は、フルーツ系にはオレンジやレモンやメロン等がありデザート系にはチョコやバニラやクリーム等があります。

飲料系にはコーヒーやコーラやレッドブル等があり、清涼系にはメンソールやミントやハーブ等があります。タバコ系には、タバコやメンソールタバコ等があります。複数のリキッドを混ぜ合わせて、オリジナルリキッドが作れます。

電子タバコ(VAPE)のお手入れ方法

電子タバコ(VAPE)は精密機器であるため、取り扱いに注意をしないといけないです。基本的にはバッテリーは水に触れさせない事で、手入れをした後はしっかりと乾燥させて組み立てをする時には締め込み過ぎないように注意をします。この3点を守ってお手入れをすると、基本的には大丈夫です。

しかし機種によってはその限りではなく、お手入れをする時には自分の使っているベイプの構造や特性を理解してから行います。電子タバコ(VAPE)の多くは防水加工されていないため、水に浸けて良いのはアトマイザーだけになります。

またバッテリーとアトマイザーをジョイントしている部分に水やリキッドが付着していると、ショート等の危険性があります。

電子タバコ(VAPE)のパーツには、様々な箇所にネジ切りがされています。コイルユニットやアトマイザーやベースやバッテリーとのジョイント等、ベイプのネジ山は細かいものが多く締め込みすぎてしまうとネジ山を潰して外れなくなる可能性や硬く締まり過ぎて外れない事もあります。

煮沸消毒等を行うと金属パーツが膨張するため、膨張している状態での組み立てをすると破損の原因に繋がります。煮沸消毒をしたら、しっかりと冷めるまで待ってから組み立てます。

VAPEの使用方法

|VAPE|

電子タバコ(VAPE)の本体に付いているボタンを押して電源を入れて、基本的には連続して数回押す事で電源が入る電子タバコが多いです。押す回数や電源の入れ方は、説明書に従って操作を行います。

ファイアボタンやパフボタンを押しながら、蒸気を吸います。吸わずにボタンを押し続けると、コイルの故障に繋がるため注意をします。

吸い終わったらボタンを押して電源を切り、基本的には連続して複数回押すかボタンを長押しすると電源は切れます。

電子タバコによって異なるため、説明書に従って操作を行います。電子たばこには可変電圧機能が付いているものが多く、ボトルやワットを変えて使用する事が出来ます。最初は煙は少なくして徐々に数値を上げていき、好みを探します。

電圧を調整する事で蒸気の量が変わったら、それにより味わいも変わってきます。フルーツ系リキッドなら低めがおすすめで、ミルク系リキッドなら高めがおすすめです。

蒸気を目安にして、使用するリキッドにより自分の好みの電圧を見つけます。

電子タバコの可変電圧機能にはヴァリアブルボルトとヴァリアブルワットの2つあり、ヴァリアブルボルトは電圧を規定内で自由に調整出来るタイプでヴァリアブルボルトはワットを設定してアトマイザーを接続すると自動で抵抗値を計算してそれを基にして設定した出力になるようになっています。

禁煙効果はあるのか

Vape Brothers

タバコがどうしても辞められない人には、電子タバコ(VAPE)の登場は救世主です。従来の電子タバコでは物足りないと感じた人でも、第三世代電子タバコと呼ばれる電子タバコ(VAPE)であるとボリューム感のある煙量によって吸っている感や豊富なリキッドとカスタマイズによる嗜好品としての充実度はタバコよりもベイプの方が美味しく楽しい人が急増しています。

たばこはニコチン不足による脳の欲求が治まるまでは我慢が必要で、電子タバコは脳にニコチンを忘れさせるだけで良いというメリットがあります。習慣は変えないで、完全な禁煙と比べるとストレスのかかり方が全く違います。

ニコチン不足も耐えられないし煙も吸いたくないが、習慣を変えたくなくなるべく健康でいたいと思う人が多いです。このようなわがままに答えてくれるのが、電子タバコ(VAPE)でニコチン入りキッドを吸う事です。

ニコチン入りキッドは薬事法で規制されていて、日本国内では入手が出来ないです。このため、海外からの個人輸入では入手が出来ます。またタバコ代を3分の1に抑える事も出来るため、経済的にも嬉しいです。

ライター等の発火装置が必要ないため、火災の心配も少ないです。

VAPEの使い方

vape

電子タバコ(VAPE)の基本的な構造は、リキッドを加熱するバッテリーとリキッドを入れるアトマイザーという部分の組み合わせになっていて形が変わってもその組み合わせは変わらないです。

アトマイザーとバッテリーが付け替えられるのが一般的であるが、最近ではアトマイザーとバッテリーが合体した一体型も存在します。

一体型は拡張性がなく、よりコンパクトで低価格な物が多いため手軽さが人気です。バッテリーは電池内臓タイプと電池入れ替えタイプがあり、電池内臓タイプは本体サイズが小さめで手軽であるが電池の寿命がきたら捨てる方式です。

電池入れ替えタイプは本体が大きめで電池の取り扱いも注意が必要であるが、電池だけ交換して長く使えます。

いずれも使い方によるが、300から500回程度の充電で、電池の寿命がくると言われています。バッテリーの充電方法は、電池内臓タイプでも電池入れ替えタイプでも本体を直接USBで充電するのが主流です。

アトマイザーとバッテリーの接続部分は、eGo規格の物と510規格の物があります。接続部分の太さは同じで、接続部分の凸凹が合っているとメーカーが違っても見た目の太さが違う物も全てが接続が可能です。

種類は2種類

電子タバコ(VAPE)は、何を加熱するのかにより大きく2種類に分ける事が出来ます。

最近話題になっているタバコの葉を加熱するタイプの電子タバコで、火を使う必要がないため煙が発生しないで、ニコチンが含まれているアイテムです。

ポットと呼ばれるたばこの葉が入った小さいカートリッジを電気的に加熱する事で、煙を出す事がなく使用する事が出来る電子タバコもあります。

またヒートスティックと呼ばれるたばこの葉が入ったたばこの形をしたカットリッジを同じように電気的に加熱をする事で、灰を発生しないでたばこを楽しめる商品もあります。

電子たばこ業界は発展途上であるため、今は種類が少ないです。

たばこの葉を使用して灰を発生させないで喫煙をする事が出来る電子たばこは、今後増えていくかもしれないです。

リキッドを加熱して蒸気を発生させて、その蒸気を吸って楽しむ電子タバコがあります。日本では薬事法でニコチンを含んだリキッドタイプの電子たばこは製造や販売が禁止されているため、リキッドタイプの電子タバコは香りを楽しむためだけのアイテムです。

個人輸入等でニコチンリキッドを入手して使用するだけであれば咎められる事はないが、ニコチンリキッドを使用して本格的なタバコの代わりとして愛用している人もいます。

VAPE&電子タバコの種類

現在主流になっているリキッド加熱タイプの電子たばこであるが、リキッドの扱いにより3タイプに分けられています。

電子タバコ(VAPE)は主にリキッド補充式という電子タバコとして認知されていて、これ以外にも禁煙補助グッズとしての側面が強い電子たばこには、2種類

リキッド加熱式電子たばこがあります。

使い捨て式とカートリッジ式があり、使い捨ては名前の通りリキッドを補充したり交換したり出来ない使い捨て式の電子たばこです。最初にリキッドを補充して使用をする電子たばこを買うと、初期費用が高くなってしまいます。

そのため、リーズナブルな価格で手軽に電子たばこを試せます。しかし香りやデザインの種類が乏しいため、本当の意味で電子タバコの良さを判断出来るかは疑問が残る所ではああります。あくまでも体験程度に目的を合わせる方が、良いです。

カートリッジ式とはコンビニ等でよく見かけるタイプの電子タバコで、カートリッジを交換するだけで使用する事が出来ます。

使い勝手に優れている、電子タバコです。しかし使い捨てタイプと同じように、香りやデザインの種類が乏しいため長く使っていくには難しいです。一時的に使用する目的で、割り切って使用する方が無難です。

人気の高い電子タバコ(VAPE)のメーカー

Vape
Eleafは2008年に設立されていて、高品質な商品が人気になっている中国のメーカーです。

ヨーロッパやアメリカはもちろん日本でも人気のメーカーで、特にバッテリーの品質の高さから支持を集めています。

その人気のあるバッテリーの中でも、温度管理機能が付いているTC40Wは世界でも抜群の人気があります。

他メーカーのアトマイザーと互換性もあるため、TC40Wに他のアトマイザーを使用して愛用している人が多いです。

Joyetechは2007年に設立されていて、世界的な人気を誇っている中国のメーカーです。

元々電子たばこ部品の下請け企業であったが、現在では主流になっているリキッド加熱式電子たばこの規格の先駆けであるeGoを開発したメーカーとしても知られています。品質の高さだけではなく、機能性やデザインのバリエーションが豊富であるのも人気の理由です。

KangerTechはヨーロッパやアメリカから人気が高く、2007年に中国で設立されたメーカーです。

ISO14000規格を満たしている必要があり、世界的に品質が高い電子タバコとして認知されています。

電子タバコ愛用者からの評価が高いsub tankと呼ばれているアトマイザーは、プリセットされているコイルユニットと手巻きコイルのユニットの両方を使用出来ます。

ケースの選び方

自分に合った電子タバコの選び方のポイントは、用途とデザインになります。

自分が電子たばこをどの程度使用するのか等の用途で決めるのが大事で、使用をする頻度が高い場合は補充用のリキッドや電源ケーブルを持ち運ぶ必要があります。反対にそこまで頻繁に使用しない場合は、電子タバコ本体だけを持ち歩けば足ります。

頻繁に電子たばこを使用する人は、補充用リキッドや電源ケーブルが持ち歩けるハードケースタイプにします。

とりあえず持ち歩ければいい場合は、スリープタイプがおすすめです。

手軽に出し入れが出来てファッションとしても使用したい人は、カラビナ付きタイプを選ぶようにします。

用途でどんなタイプかを決めたら、後は自分の好きなデザインの電子たばこケースを選びます。

カラビナ付きタイプのように外からはあまり見えなくても、かっこよかったりお洒落な電子たばこケースを持つようにするとテンションが上がります。

どのタイプのケースか決めてからデザインを決めていくと、失敗をする事がないです。普段からベイプを愛用している人なら、自分がどれくらいのペースでバッテリーを消耗してどれくらいのペースでリキッドがなくなって自分の持っているベイプで起こりがちなトラブル等を理解しているはずです。

しかし初めて購入をする人は、購入をする時に合わせてケースを購入する人はそのような事は知らないと思います。

そんな人は充電用のケーブルと補充用のリキッドとベイプ本体が持ち歩ける、ケースを選びます。

電子タバコ(VAPE)の選び方

最初は味で、電子タバコ(VAPE)は電子タバコ用のリキッドを蒸気化させて吸い込んでその味と香りを楽しむもので限りなくアロマに近い趣味です。

日本国内で流通しているリキッドはニコチンタールも入っていないため、美味しいと感じない限り意味がないです。

電子タバコ(VAPE)の味わいはリキッド選びが半分で、機種選びが半分になっています。

リキッドにはたばこ系からメンソール風味や食品系からドリンク系等様々なフレーバーがあり、好きな味のリキッドを選ぶと良いと思うが実は機種ごとに味の出方が異なっているため厄介です。

どんな味が良いのかは、以前は小型タイプよりも大型タイプの方が設計に余裕があるため良いと言われていたが、最近は当てはまらないです。

それよりも、蒸気を発生させるコイルの性能により味が左右される事が多いです。ただしそのコイルも規格が合えば交換が可能で、機種としてどれが良いとは言いきれないのが現状です。

コイル交換や改造はVAPEに詳しい人のする事VAPEビギナーなら、最初から味の出やすい機種を選ぶのが一番楽です。

電子たばこに慣れている人は、機種で選んでいくのが良いです。

自分が使う頻度により、機種を選んでいきます。

リキッドの選び方

vape

電子タバコ(VAPE)の使いやすさは、リキッドの注入のしやすさが左右されます。

そしてリキッドチャージのしやすさは、注入口の大きさに比例します。

なるべくリキッドボトルから直接入れられる注入口の大きいものを選びたいが、注入口が小さい場合は注射針のようなニードルボトルにリキッドを詰め直して入れる方が楽です。

使用方法は電源のオンとオフはボタン5回を連打して、吸う時にボタンを押しながら吸うのが基本です。

プルーム・テックで採用している吸うと自動的にオンになるオートスイッチは、搭載している機種が少ないです。

喫煙者なら圧倒的にオートスイッチの方が、使いやすいです。

また持ち歩きやすさも考慮して、問題になるのはリキッド漏れです。

リキッド本体内に保持をする構造であるため、少しの隙間から漏れやすいです。リキッドは油性であるため、漏れると手にベタベタと付いて鞄の中が悲惨な事になる可能性があります。

それを避けるためには、なるべく本体を縦に保持出来るケースを使用します。
ケースに入っていれば、万が一漏れても被害を食い止める事が出来ます。
専用ケースでなくても、本体が入れば十分です。

100円ショップのペンケース等でも、代用可能です。

February

Vape CBDリキッド